モビットの返済手数料は?|気になる手数料を徹底調査!

消費者金融のキャッシングを使うときに、見逃しがちになりやすいものに手数料のことがあります。キャッシングを利用する度にATMを使う人が多いと言えますが、借り入れや返済のときに手数料がかかっているか事前に把握しておくことで無駄な経費を削減することが可能になります。三井住友銀行系列のキャッシングサービスとして有名なものにモビットがあって、入会の手数料も年会費も無料で利用することができます。モビットを利用する注意点として、毎月の返済金額について金融業者側が自動的に設定するシステムになっていますので、自分で繰り上げ返済をしていかないと返済の回数が増えてしまうことによって、返済期間が長くなることが考えられます。それによって、金利の支払いであったり、手数料にかかる費用が増えてしまうことがあります。手数料は入金や出金の度に発生しますので、返済回数が増える度に余計に支払うものとなる点に注意が必要です。モビットの利用時において、手数料がかからない返済方法としておすすめなものには、無料で使える口座振替の方法があります。口座振替の方法によって支払いをするためには、三菱東京UFJ銀行の口座が必要になりますのであらかじめ用意しておくようにしましょう。口座振替であれば自動的に支払うことが可能になりますので、振り込み手続きを行う手間を省くことも可能になります。モビットはインターネット上で取引ができるように設定できますので、インターネット返済をすることによっても手数料を節約することができます。消費者金融のキャッシングサービスを利用するときには、様々な手続きを行う際において手数料が発生することがありますので、どのような時に手数料がかかるのか把握しておくことは大切です。モビットは三井住友銀行系のキャッシングということもあって、使用可能な提携ATMが全国に10万台以上設置されています。ATMを使うことでいつでも借り入れや返済ができるわけですが、提携先のATMを使うときには手数料が発生します。返済をするときにはATMの他にも、銀行振り込みや口座引落の方法によって支払うことが可能です。口座引落の方法によって支払いをするときは手数料が無料になりますが、引落先として指定できる銀行や三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行のみとなりますので、口座を用意しておくようにしましょう。銀行振り込みによって支払うときには、手数料がかかることになります。返済のときには追加返済を行うことによって、素早く完済することも可能です。モビットのキャッシングでは、借り入れのときも返済のときもWEB上で手続きをすることができます。WEB上で借り入れや返済をするときには、手数料がかからずに手続きを済ませることができるのでお得になります。WEB上でモビットの取引をするためには、インターネットバンキングに対応している銀行口座が必要になります。インターネット上で手続きができるようにしておくと、携帯電話やスマートフォンだけで手続きを行えますので外出先や自宅でも簡単な操作だけで借り入れや返済ができるようになります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?