モビットの提携ATMはどこ?【提携ATM活用術】

モビットのWEBサイトを見ると、銀行グループのローンであることが記載されています。銀行と提携しているため、銀行の一部になると考えている方もいますが、純粋な銀行ではありません。銀行系と呼ばれる形態となり、一般の消費者金融と内容は変わりません。銀行の傘下になることでサービス内容が銀行と同水準となり、消費者金融の中でもより安全性が高くなっています。今は資産が5,000万円以上ある会社でなければ、貸金業者として運営できなくなりました。そのため、規模の小さな業者は消滅していったのです。今生き残っている業者の大半は大手であり、モビットもその一つです。本来、大手は自力運営するだけの力がありましたが、貸金業法改正後のグレーゾーン金利廃止が大きなダメージとなり、銀行と提携する業者は頻発したのです。20.0%を超える金利はすべてグレーゾーンとなり、違法金利になってしまいます。過去は違法性はないとみなされていましたが、今はグレーゾーンで貸し付けると処罰の対象となるので、20.0%を超えて融資している業者は皆無でしょう。グレーゾーンで支払いった利息は過払い金と呼び、返還の対象となります。この返還請求は過去にさかのぼって行うことができるので、貸金業法改正前にグレーゾーンで借りていた分も適用となります。ここ数年は弁護士が過払い金請求を促しており、それにより貸金業者の運営が厳しくなり、銀行と提携する業者が増えたわけです。しかし、銀行と提携をしても消費者金融の部分は変わりません。一部には完全に合併されて銀行として新スタートした金融機関もありますが、ほとんどは銀行系に属する消費者金融なのです。モビットも同様であり、銀行と異なる点は借入できる上限額になります。借入額は1万円~800万円に対応していますが、無条件で希望額を借りられるわけではありません。年収の3分の1以内となる総量規制の適用となるので、希望額の申請をする前に自身の年収で借入可能か確かめておく必要があります。ここで注意したいのはモビット以外の消費者金融からの借入分もカウントされることです。他社ですでに総量規制に達する借入をしていれば、新しく借りることはできないのです。これに対して銀行の場合は総量規制の対象外なので、年収における融資制限は存在しません。モビットでお金を借りるときは、総量規制の範囲を超えないように申込をしましょう。必要な額だけを借りるのがスムーズに審査に通過するコツです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?