モビット|メリット・デメリットまるわかり!

モビットのメリットとしてまず挙げられるのが、パソコンやスマートフォン、携帯などでインターネットが利用できれば簡単に申し込めるという点です。自宅の近くに店舗や無人契約機がないという人も多いのではないでしょうか。そんな人でも、パソコンやスマートフォン、携帯などを利用して簡単に申し込むことが出来ます。この申し込みが手軽なことは、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。また、即日融資にも対応しているのも魅力です。すぐにお金を借りたいという状況になったことのある人は多くいます。どんなに計画的にお金を使っていても、急に友人や会社の同僚と食事をすることとなり、急な出費が必要になることはよくあります。さらに、友人の結婚式なども重なってしまうと、今月はピンチということも起こります。このような時にモビットを利用して即日融資を受ければ、簡単にそのピンチを乗り切ることが出来ます。デメリットは、消費者金融ということもあり金利が高いという点が挙げられます。モビットの金利は4.8%~18%となっていて、少額なお金を借りる際には、まず最大金利に設定されることもあり、毎月高い利息を支払う必要があります。消費者金融は裁量規制の対象となっています。裁量規制の対象となると、年収の3分の1しかお金を貸すことが出来ません。これは、1社に対してではなく、他の消費者金融の借入の合計となります。そのため、他社から多くの借入があれば、モビットに申し込んでも希望する借入ができない場合もあります。モビットでは、多くの提携ATMを利用することが出来ます。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行を始め、地方銀行やコンビニATMなども利用することができ、とても便利です。しかし、三井住友銀行などならキャンペーン期間中に無料となることもありますが、他の提携ATMでは手数料が必要になるのがデメリットです。借入や返済の時に、常にコンビニATMを利用する人にとっては大きな負担となります。1回の手数料は少額ですが、何度も利用し、それが年間での合計となると大きな金額となってしまいます。デメリットもいくつかありますが、気軽にお金を借りられるのが魅力の会社です。WEB完結では、在籍確認なども必要のない場合もあり、周りに知られることなくお金を借りたいという人にも最適です。金利や手数料といったデメリットはありますが、少額のお金を借りたいという時には、この会社を選択肢の一つとして選んでみてはいかがでしょうか。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?