モビットのカードローン|好評な理由はここにあり!

モビットは銀行系のカードローンと言われることもあります。実際には消費者金融が提供しているにもかかわらず、銀行系と言われることが多いのです。逆に、銀行が提供しているものであっても銀行系と呼ばれないこともあります。少しわかりにくいのですが、銀行と銀行系ということばは、やや違う意味で用いられています。現在では銀行がカードローンを提供していますが、これと銀行系というのは別の意味で用いられることがあるのです。それは業界の歴史を見るとわかりやすいです。もともと、カードローンというサービスは消費者金融が提供していました。消費者金融が全盛のころにはグレーゾーン金利で融資を行うのが業界内で一般的だったのです。この時期に、銀行が出資して作られた消費者金融が登場します。銀行はリスクのある経営を好みませんから、グレーゾーン金利での融資を行わなかったといえるでしょう。銀行が出資しているモビットも同じようにグレーゾーン金利での融資を行いませんでした。ですから、この当時、モビットなど、銀行の資本が入った消費者金融は、一般的な消費者金融よりも低金利で融資を行っていった目に、明確に区別されていたといえるでしょう。現在、大手の消費者金融なら利息制限法の範囲で融資を行っています。ですから、グレーゾーンでの融資というのはなくなったといってもよいでしょう。そのために、銀行系の消費者金融のサービスが特別優れているものではなくなってきたために、区別があいまいになっています。モビットは消費者金融の一つですから、カードローンの金利は高いように思えてしまいますが、実際には4.8%から18.0%と幅があります。4.8%というと、銀行のカードローンくらいの金利ですから、かなり低金利での融資も行っています。モビットは消費者金融とは言っても、一般的な専業の消費者金融とは設立の経緯が違います。もともと消費者金融として営業を始め、規模を拡大してきたものもあります。その後、銀行の傘下に入って現在は大手となっているものもありますが、モビットはこれとは経緯が明らかに異なります。設立した当初から、銀行の資本が入っていたのがモビットの特徴です。銀行と消費者金融、信販会社が共同して出資して設立されました。ですから、最初から銀行の資本が入っていたのです。これは、カードローン事業に参入したい銀行の思惑もあったと考えられます。設立されたから銀行に買収された大手の消費者金融とはこの点で異なっているといえるでしょう。最初から銀行の資本が入っていますから、銀行に近いカードローンのサービスを提供していると考えられます。そのため、一般的な消費者金融と比較すると低い金利でサービスを提供することに成功しているのです。現在は一般的な消費者金融も利息制限法の範囲で融資を行っていますが、かつてはグレーゾーンでの融資を行っていました。その当時もモビットは利息制限法の範囲で融資を行っていましたから、当時は最も違いが大きかったです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?